情報

美しい犬の写真のための6つの簡単なヒント


四本足の友人のスナップショットがいくつかありますが、本当に素敵な犬の写真を撮りたいですか?高価な写真家にお金をかけたくない場合は、自分で素晴らしい犬の写真を撮ることもできます。心に留めておくべき6つの役立つヒントを次に示します。 この写真モデルは明らかに仕事で楽しい-美しい写真の重要な基礎-Shutterstock / tiggra

最愛の毛皮の鼻を適切に配置することは必ずしも容易ではありません。美しい犬の写真を撮るには、忍耐、練習、運、そして何よりも楽しいことが必要です。喜びとリラックスした雰囲気がなければ、撮影はすぐに激しい行為になります。次の一般的なヒントは、完璧な写真を撮るのに役立ちます。

1.美しい犬の写真の場所のヒント

適切な場所は、美しい犬の写真にとって重要な役割を果たします。野生の場所(牧草地、森林など)を選択し、その場所に人、送電線、車、Coなどの邪魔な要素がないことを確認するのが最善です。犬の写真を撮る場所を選択するのが最善です。この場所では、4本足のモデルが上手く幸せに動くことができます。

2.動きは絵に命を吹き込みます

動きといえば。撮影する写真の種類に応じて、静止位置で犬の写真を撮影したり、再生、ロンピング、実行中に撮影することができます。後者は活気があり、本物のように見え、通常、あなたの犬を最も楽しい側面から見せます。喜びと楽しみは、美しい犬の写真では過小評価すべきではない2つの要因です。

3.シャープネスが目に見えるはずです

犬の外観は、すべての犬の写真でシャープでなければなりません。背景と会社はぼやける可能性がありますが、写真が効果を発揮するには、目を最大限に鮮明にキャプチャする必要があります。軽い反射が目に見えることも重要です-反射のない目はそれほど活発に見えません。

フォトジェニックだがメンテナンス集約型:長い髪型の犬

4.目の高さで写真を撮る

趣味の写真家としてのあなたの立場も重要です。可能であれば、冷たい鼻で目の高さに合わせてください。上または下から撮影された写真は、しばしば奇妙なプロポーションを引き起こします。ただし、この効果を芸術的に使用して、視点を少し試すこともできます。ただし、初心者にとっては、目の高さの視点で間違えないでください。

5.犬の視界の方向は重要です

あなたの犬が見ている場所が常に反対側よりも少し大きいスペースがあることを確認してください。これは写真に緊張をもたらします。犬が写真の端をほぼ真っ直ぐに見ている写真は、わずかに狭くて落ち込んで見えます。

6.光のヒント:早朝または夕方に最適

美しい犬の写真に悪天候はありません。サンシャインだけでなく、嵐の空や雪のシャワーも写真に良い影響を与えます。しかし、多くの人の目には、早朝の昼光は特に「魔法」です。その場合、光は赤の割合が高くなります。赤は心地よく暖かく、影はそれほど硬くありません。ヒント:同じことが夜間にも適用されます。真夏の真っ昼間の太陽は写真に適した時間ではありません。強いコントラストの強い光がここで機能します。